【イベントダイアリー】2022.10.30.日 −森−水−温泉−作並・癒やしのひととき@作並温泉

【イベントダイアリー】2022.10.30.日 −森−水−温泉−作並・癒やしのひととき@作並温泉

【きょうは#杜の日】2022.10.30.日

今年春に作並温泉旅館組合さんからご依頼を受け、作並温泉に秘められた自然の魅力をまるごと体感いただきたいとご用意した、新企画。初開催となる今回は、紅葉の季節に合わせてモニターツアーを実施しました。

イベント内容の詳細はこちらから

作並温泉の森と水と温泉のつながりに思いを馳せる週末旅。森林浴×温泉のリラックス効果で極上の癒やしのひとときを。※申込みを締め切りました。
sendai-experience.com

プログラム名に込めたもの

作並温泉は、雨水が森から染み込んで地下水となり、そこにマグマの熱や岩から溶け込んだミネラルが加わって、さらに川で岩盤が削られる作用も関係しながら、湧き出してきます。私は、それらに何百年・何千年・果ては何千万年前からの時の流れを感じました。そういったダイナミックな自然のつながりと時の流れ、また作並温泉の歴史を、今回『−森−水−温泉−』というプログラム名に込めてみました。

昨年新しく完成した散策路・ウッドデッキでの森林浴

昨年完成した二ツ岩散策路・ウッドデッキを活かしたプログラムをというリクエストをいただき、約2時間の森林浴プログラムを作成しました。当日は、晴れに恵まれ、森林浴日和。真っ赤な紅葉はもう少し先という感じでしたが、赤・黄・緑のパッチワークのような山の景色がとてもきれいでした。

作並の食も活かす

今回、湯のまち作並 観光交流館ラサンタ内にあるアルベロ・カフェさんにご協力いただき、地元産の野菜などを使用した体に優しいパニーニをご提供しました。作並や周辺地域の活性にもつながるようなイベントに今後育てていきたいと考えています。

森林浴✖️温泉の癒やし

周囲の豊かな森林が地下水を多く溜め込むため、作並温泉は湯量が多く、100%源泉掛け流しの自然に湧き出す温泉は肌にも優しく、美肌の湯とされています。
リラックス効果をさらに高めるため、それぞれのペースで温泉にゆっくり浸かれるよう、森林浴後たっぷりと自由時間を設けました。

最後に

今回のモニターツアーでは、参加者の方から満足度が高いという評価をいただき、来年度開催のリクエストの声もありました。定員10名での開催に対して多くのお申し込みをいただき、残念ながらご参加のご希望にお応えできない状況もありました。より多くの方に作並・癒やしのひとときをお届けできるよう、来春からの定期開催に向けて企画を進めていこうと思います。

準備ができましたら、HPやSNSでお知らせしますので、来春を楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

4月から作並温泉旅館組合さんとプログラム開発を進めてきましたが、ご参加・お申し込みくださった皆様の他にも、関係者の皆様や、khb東日本放送のクルーの皆様、気にかけてくれた知人・友人、さまざまなご縁に恵まれ、作並温泉でのイベントを無事終了することができました。ここに感謝を記して、今日のダイアリーは終わりにしたいと思います。

みなさま、ありがとうございました。

杜の日|杜の都仙台で、森林浴。
森林セラピスト 及川 結